【福岡・糸島】白糸の滝はファミリー向け納涼体験が満載!ただし混雑に注意!

こんにちは、つたちこです。

福岡・糸島の夏の納涼スポットといえば、どうやら「白糸の滝」らしい。
我々は知らなかったのですが、結構有名らしく、夏場には人があふれているらしい。

実は私たち、前に福岡に旅行に来た時に、白糸の滝に行ったことがあります。
ただ、行ったのは11月末の晩秋。しかも日暮れごろ。
訪問者は私たちしかいなくて、お店もやっておらず、とても静かでした。

あの「白糸の滝」がそんなにぎわうの……?

見に行ってみよう、と車を走らせました。

白糸の滝

糸島市のサイトによると、県の名勝指定されているそうです。
http://www.city.itoshima.lg.jp/s026/s040/010/020/020/110/shiroito.html

福岡県指定の名勝である「白糸の滝」は、標高900メートルの羽金山の中腹に位置し、落差は約24メートル。マイナスイオンと自然あふれる憩いの場としてファミリー層に親しまれています。
周辺には、約5000株10万本のあじさいが植樹され、6月下旬から7月中旬にかけて見頃を迎えます。
滝周辺では、釣り具をレンタルしてヤマメ釣りも楽しめます。また、食事処「四季の茶屋」では、郷土料理「糸島そうめんちり」のほか、夏には名物の「そうめん流し」が人気です。

場所は、筑前前原駅からバスで30分……とありますが、たぶん車で行ったほうが便利です。
結構な細い山道を登っていくので、対向車に注意。

こんな感じの細い山道を行きます。

1度目はあまりの混雑で断念

夏に初めて白糸の滝に向かったのは、8月上旬の平日11時ころ。
我々、夏の白糸の滝をなめていました。

白糸の滝が近くなると「満車」の看板が…。

滝の周りにある駐車場はどこも満車。
「第5駐車場に行け」、と係の人に誘導されます。

第5駐車場は、かなり坂を下った先にあり、結構な暑さの中、坂を上って滝まで行くのは結構つらい……。

なので、初回の訪問時は、白糸の滝をあきらめてしまいました(そのまま、村上家のかき氷を食べに行きました)。

【福岡・糸島】「村上や(村上家本舗 白雪)」でクリーミーな新食感かき氷!これは並んででも食べる価値あり!

2017.08.11

スポンサードリンク

リベンジ白糸の滝

一度はあきらめてしまった白糸の滝。
でもやっぱり夏のうちにちゃんと見ておきたい!
というわけで、8月下旬に再チャレンジ。

今度はお盆休みも終わったし、夏休みも終わり間近。
前よりも少しは空いたのでは? という期待のもと、午前11時ごろに到着。

そしたらですね……やはり滝の周りの駐車場はすべて満車
強制的に第5駐車場に案内されました。

駐車場入口で並んでいる…。

今回もだめだった……。

でもせっかく2回もきたので、今度は行くよ! というわけで、第5駐車場に車を置くことにします。

第5駐車場はただの空き地。雲が綺麗でした。

坂道を10分くらい歩いて登って、白糸の滝にやってきました。

第5駐車場からは坂道を徒歩で移動するしかありません。

めちゃくちゃ混んでる

駐車場がいっぱいな時点でお察しですが、滝、ものすごく混んでます。
糸島にこんなに混むスポットがあるんだ……。

来ました。

まずは滝のそばに行きます。
おお、なんかマイナスイオン! ていう感じ。
気温が少し下がっている気がします。
水もとてもきれいです。
じっとしていても気持ちがいい。

滝!マイナスイオンを充電や!

……のですが、やっぱり人がたくさんいるので、あまりのんびりできず、早々に場所を譲ります。
滝の最前線は常に人が入れ替わっては記念撮影をして退散するという、少しめまぐるしい感じでした。

滝ではみんな写真を撮りたい。

少し離れると、今度は釣りコーナー。
老若男女が、釣りを楽しんでます。
イワナらしき魚影がたくさんいまして、そこに大勢が釣り糸を垂らしているんですが、あまり釣れてないような……。イワナも慣れちゃうんですかね。

水が綺麗で魚影がしっかり見えます。

釣りスポットは段々になっている。みんなあまり釣れていないようでした。

そして目に入るのが、流しそうめんコーナー。
こちらも大盛況でした。

1グループごとに1レーン使用、みたいな感じでお互いが流しあう、みたいな感じでした。
子供たちは楽しそうでした(そういえば、流しそうめんてやったことないなあ……)。

流しそうめん。やったことない。

誰かが流してくれるわけではないので、二人連れだとお互いで流しあわないといけない。
というわけで、我々は見学だけにしておきました……。

滝・釣り堀・流しそうめん、思った以上に狭いスポットに集中しています。
大自然の中でのんびり!というよりは、人の合間を縫って歩き回る、みたいな雰囲気でした。

滝から後ろを見るとこんな感じ。

スポンサードリンク

やまめ料理をいただきます

私たちは、楽をして食欲を満たしに行くことにしました。

滝のそばにある「四季の茶屋」という食事処でやまめ料理がいただけるらしい。

茶屋で一服。

定食もありましたが、今回は単品で、やまめの塩焼きと、やまめのから揚げを1匹ずつお願いしました。(1匹500円)

1匹500円かあ……。やっぱり観光地価格ですね。

やまめ以外にも、いろいろ食べられます。

しばらく待つと、出来立て熱々のやまめがやってきました。
おお、こんがり。そしてサクサク感。
塩焼きは、身が甘く感じます。
でも、思ったより小さくてあんまり食べるところないような……。

焼き立て&揚げたて。

から揚げはカラッとあがっていて、頭から全部食べられる感じ。
サクサクとしておいしい。
個人的にはから揚げのほうが好きかな。

手軽に納涼体験しにいこう!ただし混雑覚悟で!

白糸の滝は、名勝と呼ばれるだけあって、夏場には恰好の納涼スポットでした。

ただし、平日ですらこの混雑、ということは、休日は相当の人出になることが予想されます。8月は夏休みということもあると思いますが。
道路が渋滞することもあるようで、道沿いには「渋滞中」としつこいくらい書いてありました。

朝、はやーくに到着するようにいくのが唯一のコツかもしれません。

高台なので、遠景もきれい。

でも混雑はするものの、滝の涼しさ、釣り堀体験、そうめん流し体験……などは夏休みの思い出としては最高になりそう。
一度はぜひ訪れたい場所です。

滝に行ったらセットで、帰りにおいしいかき氷屋さん「村上家本舗」に寄るのがオススメです。

【福岡・糸島】「村上や(村上家本舗 白雪)」でクリーミーな新食感かき氷!これは並んででも食べる価値あり!

2017.08.11

「白糸の滝」
http://www.city.itoshima.lg.jp/s026/s040/010/020/020/110/shiroito.html
福岡県糸島市白糸460−6

オススメ関連コンテンツ

【九州への旅行の予約は!】

私たちが九州各地を旅行する時には、まず楽天トラベルをチェックしています。
楽天全体で使えるポイントもたまる(地味にデカイ!)し、やっぱり使いやすいんですよね。

楽天トラベルで旅行プランを見てみる

また、楽天トラベルには、なんと宿泊料金の30〜40%のポイントが付与される「楽天スーパーDEAL」という、楽天会員限定のポイント還元サービスが用意されています。
まずはこちらで、対象の地域・日程に合うプランがあるかを要チェック!

楽天スーパーDEALでプランをチェック!

スポンサードリンク