【長崎・上五島】福岡から上五島上陸までは、車と船で約6時間。駐車場情報や、船の予約方法なども。

こんにちは。ノムロウです。
前回2回に渡って、五島列島への旅行計画方法をご紹介しました。

【長崎】五島列島へ旅する前に知っておきたい基礎知識。五島は結構広くて大きい!

2018.03.20

【長崎】上五島の旅程を決める時に注意したい点まとめ。私が実際に行ったルートはこうなった!

2018.03.26

本記事から、実際に私たちが体験した五島観光について紹介していきます。
今回は、自宅のある福岡県糸島市から上五島(中通島)上陸までの方法について。

福岡(糸島)から長崎までのルート

11月26日(日)朝8時半、車で糸島の自宅を出発。

三瀬峠を越えて佐賀県に入り、「佐賀大和IC」から長崎自動車道に乗るルートを使いました。
途中、佐賀県武雄に近い「川登サービスエリア」でトイレ休憩。
あとはひたすら高速道路を走ります。

長崎が近くなったところで出現した長いトンネルを抜けると、そこは大きな建物が立ち並ぶ街の中。いきなり都会が現れたのでびっくりしました。

長崎市内に到着。

高速を降りてから、15分ほど長崎市内を走ります。長崎市内は混雑していてちょっと渋滞気味でしたが、11時前には長崎港ターミナルに到着しました。
糸島から約2時間半の道のり。予想したより近かったです。

目指す長崎港は、市街地のど真ん中にあります。もう少し離れたところにあると思っていたので意外でした。

長崎港ターミナルで利用した駐車場情報

長崎港での駐車は、長崎港ターミナルのすぐ隣にある「長崎港 県営駐車場」を使いました。253台の駐車スペースがあります。

▼長崎港 県営駐車場
http://nagasaki-terminal.jp/parking/

長崎港県営駐車場

ここで1泊2日駐車します。料金は、24時間の上限が2,880円。
ただし離島のターミナルで認証を受けると、24時間の上限が半額の1,440円になります。

我々は離島への旅行だったため、離島の認証の対象となり、2日で2,880円で駐車することができました。

駐車料金が半額になるのはうれしい限り。忘れずに行き先の離島ターミナルで、駐車券に「認証」を受けるようにしましょう。

 

さて、長崎港ターミナルから乗船する前に腹ごしらえ。

長崎港には「長崎出島ワーフ」というスポットがあります。
レストランも充実していて、海鮮、中華、イタリアンと一通り揃っているようです。

行ってみると、この日は小雨にもかかわらず、農産物を直売する催し物で賑わっていました。

左に見える低い建物一帯が出島ワーフ。

11時すぎというこの時間帯、ランチタイムにはまだ少し早かったよう。
準備中で開店前のお店が多い中、2階の「ドラゴンワールド」というお店でランチを取ることにしました。

せっかくの長崎なので、名物トルコライスを食べたのですが、これはレンチンのやつかな? という平べったいお肉とピラフでちょっと残念な気持ちに。

なんとかお腹が膨れたところで、長崎港ターミナルへ移動します。

長崎港ターミナル外観。

個性的な外観。
このターミナルからは、長崎の各離島への船や、軍艦島などのクルーズ船などが出ているそうです。
待合スペースは、たくさんの観光客で賑わっていました。中国からの旅行者が多めな印象。

広い建物内。

上五島(中通島)への乗船チケットは予約が便利

乗船チケットはあらかじめネットで予約していました。
航路は長崎港から、上五島(中通島)鯛ノ浦港へ上陸する、高速船を使うルートです。

▼五島産業汽船の予約サイト
http://www.goto-sangyo.co.jp/line/line01

予約サイトでは受付番号を取得。

ターミナルの窓口で乗船チケット(往復分)の交換と支払いをします。行先別に窓口が分かれているのですが、「上五島行き」の窓口は、一番奥にありました。支払いにはもちろんカードも使えます。

運賃は往復1人9,600円。料金は時期によって多少の増減があるようです。

高速船「びっぐあーす2号」に乗船

さて、いよいよ乗船です。
我々が乗り込むのは、五島産業汽船の「びっぐあーす2号」。

びっぐあーす2号。

定員300名の、思ったより大きな船です。座席は指定席。
11月下旬で観光シーズンから外れていることもあり、船内はかなり空いていました。

広々とした船内。

13時出航。乗船時間は1時間40分です。

さすが高速船、結構スピードが出ます。
でも、大きな揺れもなく、思っていたよりとても快適に過ごせました。

船内には大型テレビがついていて、最初は長崎の民放らしきテレビ番組が流れていましたが、そのうち電波が届かなくなったのか、気が付いたら、五島の紹介ビデオのようなものに切り替わっていました。中通島の到着前には、五島の民謡らしき唄と映像も流れてきて旅情感アップ。

船内はWi-fi完備なので、スマホで時間つぶしもできます。
スマホを触ってちょっとうとうとしていたら、あっという間に着いてしまいました。

上五島(中通島)「鯛ノ浦港」に到着

14時40分、「鯛ノ浦港」に到着しました。
すごい。完璧に時間通り。

着いた―!

鯛ノ浦港は入り江になっているおかげか、とても穏やかな港です。

上五島(中通島)に到着!

この港で、船と同じく「五島産業汽船」で予約しておいたレンタカーを受け取ります。
料金は24時間で8,640円。

★予約はこちらから
http://www.goto-sangyo.co.jp/rental_car

お店の方が桟橋のすぐそばで待っていてくれて、船から降りてすぐ引き渡してもらいました。

車種は日産リーフ。
ハイブリッドカーで、エンジンをかける時にはボタンひとつでOK。
最新のモデルってこんな感じなんですね。

座席の間にあるレバーがこんな感じ。未来感ある…。

初めてのハイブリッドカー運転なので、軽く使い方のレクチャーを受けて、車に乗り込みます。
糸島の自宅を出てから約6時間、ようやく上五島(中通島)に到着しました。

次回から、私たちが行った観光スポットや教会の紹介をしていきます。

(続きます)

 

【九州への旅行の予約は!】

私たちが九州各地を旅行する時には、まず楽天トラベルをチェックしています。
楽天全体で使えるポイントもたまる(地味にデカイ!)し、やっぱり使いやすいんですよね。

楽天トラベルで旅行プランを見てみる

また、楽天トラベルには、なんと宿泊料金の30〜40%のポイントが付与される「楽天スーパーDEAL」という、楽天会員限定のポイント還元サービスが用意されています。
まずはこちらで、対象の地域・日程に合うプランがあるかを要チェック!

楽天スーパーDEALでプランをチェック!

スポンサードリンク